開く
閉じる

土地活用・アパート経営のランニングコストはいくら?

このページでは、土地活用・アパート経営にかかるランニングコストについて調べています。修繕費や維持費などはそれなりに必要となってきますから、知識を深めましょう。

アパート経営で維持費はいくらかかる?必要な経費とその金額

遊休地の活用法としてアパート経営を検討する場合、最も高い初期費用に加え、維持費も念頭に入れておく必要があります。以下にその代表例を挙げていきますので、ご確認ください。

修繕費

アパート経営のランニングコストとして、きちんと意識しておかなければならないのが、修繕費。経年劣化はもちろん、人が住む場所ですから、入居者によって傷みのスピードにも差が出てきます。以下のような設備の修繕費が必要になると、知っておきましょう。

  • 水道管などの配管維持
  • 外壁塗装
  • 屋根のメンテナンス
  • ガス給湯器やキッチン、エアコン、トイレ・バス、共用部分などの設備

これらの修繕を渋っていると、物件の集客力が低下し、空室が長く続くという悪循環を招いてしまいます。また修繕を先送りにすると、大規模工事に発展してしまうので、こまめに行うことが大切です。

リフォーム費用

どんなにこまめな修繕を行っていたとしても、10年後、20年後には劣化が進み、付帯設備の機能も最新型に劣るようになります。こうした要因も集客率や家賃設定を大幅に引き下げるため、あらかじめ出費を検討しておくべきです。

例えば企業が販売するマンションの一室を購入し、運営する場合は毎月「修繕積立金」が徴収されます。アパート一棟を自分で運営していたとしても、同様の貯蓄を始めておけば、先々慌てずに済むでしょう。

管理費

管理

オーナー自身の拠点とは離れた土地でアパートを経営している場合、その管理を委託する会社へ費用を支払う必要があります。物件管理サービスを提供している不動産会社は数多いので、信頼に値し、条件も良い会社を選んだうえで、費用を支払うことになるでしょう。

大手不動産会社はこうした業務のほかに、仲介業務を行っていることが多くなっています。アパートに空室が出た際、広告宣伝も同時に依頼が可能。

ただし、掲載費は別途徴収されます。自力で入居希望者を集められれば良いのですが、プロの販促力には敵いません。わずかな出費を惜しむより、空室リスクを回避するための必要経費と割り切りましょう。

保険料

管理や修繕をきちんと行っていたとしても、天災や事故などによって物件に大きなダメージが与えられることもあります。そのような事態から生じた損益を保障してくれるのは、保険以外にあり得ません。

火災保険に加入しないオーナーはほとんどいませんが、若干料金が高めの地震保険を避けてしまう人も…。しかし、震災が起きないという保証はどこにもありません。

地震による破損などの修繕費用の額は、かなり大きくなります。不測の出費で経営自体が破綻しないよう、「転ばぬ先の杖」として保険料を支払っていく必要がありそうです。

線

いかがでしょうか?こうしたランニングコストの管理は、アパート経営の先行きを測る意味でも、非常に重要です。末永く経営を続けるためには出費が欠かせませんし、内容によっては「必要経費」として、節税効果を高めるメリットもあります。

長い目でプラス収支の実現を図っていくためには、目先の利益確保だけにとらわれず、物件の資産価値維持に努めていくことが肝心ですよ。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較