開く
閉じる
 

富山県

このページでは、富山県でアパート経営を考えている方に向けて、富山県の特徴や不動産を探す際の注意点など、アパート経営に関するいろいろな情報を掲載しています。物件探しをする際には、ぜひ参考にしてみてください。

富山県の概要

富山県は3,000m級の山々、水深1,000mを越える富山湾など、非常に豊かな自然を有しています。それゆえ四季の移り変わりがはっきりと感じられるだけでなく、水がきれいで、自然の恵みである食べ物も美味しく、人々は自然と密着し、その恩恵を受ける生活を送ってきました。

アパート経営をするなら富山市がおすすめ

富山県は自然が豊かという特徴がありますが、裏を返せば、その自然の中で多くの人が集まって暮らせるような場所は少なく、富山県内の人口のおよそ4割は富山市に集中しています。

必然、アパートなどの物件数も富山市が県内では抜けて多くなっています。当然競合も出てくるのですが、まずはニーズがある富山市を中心に物件経営を考えていく必要がありそうです。

富山市以外を考えるなら高岡市か

富山市について賃貸物件の数が多い地域となると、高岡市になります。

ただ、富山市に比べると半分以下の物件数となる上、空室率も27パーセント台と高めになっています。もし長岡市で物件経営を考えるのであれば、地域のニーズや人口分布、年齢層などを細かく見極めた上で行っていくようにしましょう。事前のリサーチは必須です。

気候に合わせたつくりの物件が求められそう

富山県は、夏はフェーン現象などの影響を受けて気温が上がりやすく、一方で冬場は雨や雪が多くなる地域です。富山市で言えば、年間平均降雪量で言うと県庁所在地では札幌市、青森市、山形市に次ぐ多さとなっており、雪に強い住宅は必須です。

夏の暑さにも冬の寒さにも適応して暮らせる物件のニーズは、現地では非常に高そうです。

富山県でアパート経営を行なうには

富山県でアパート経営をするのであれば、立地や周辺環境などの確認はもちろん、住宅そのものの造りも非常に大きなポイントを占めてくるでしょう。

特に、新しく物件を建てる、既存物件を大幅にリフォームするなどして経営に乗り出すのであれば、夏の暑さ、冬の寒さや大雪に強い物件にするのはマストと言えるかもしれません。そこで大きく力になってくれるのが、地元の状況をよく知る地場の建築会社です。ある程度初期投資をしてでも状況を踏まえたアパートを建ててもらえれば、その後の経営をしっかりと軌道に乗せていけそうです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

中部地方でアパート経営をお考えの方へ
福井県
愛知県
山梨県
静岡県
新潟県