開く
閉じる

台形の土地活用・アパート経営

このページでは、台形の土地の活用法について考えています。

台形の土地とは

譲り受けた土地が変形地だと、活用に戸惑ってしまう人が多いもの。オーソドックスな長方形の土地なら良いのですが…。台形の土地も、変形地のひとつに挙げられます。

台形の土地の定義

名称通り、台形のかたちをした土地。建物を建てる際に有効活用できる面積に限りがある。

このような台形の土地を活用しようとした場合、どのような問題が生じてくるのでしょうか。以下に見ていきましょう。

台形の土地のデメリット

台形の土地は、活用する場合に、以下のようなデメリットがあると考えられます。

  • 建物を建設する際、有効に活用できない「デッドスペース」が発生しやすい。
  • 建物を建設する際、デザインを工夫する必要があるため、工賃が上がりやすい。
  • 売却の際も、買い手が付きにくい。

これらのデメリットを見ていると「こんな土地は、持っていてもしょうがない。でも良い価格で売れないなら、どうすれば良いだろう」と悩む人がいるかもしれません。しかし、以下のようなメリットについても、知識を深めておく必要があります。

台形の土地のメリット

台形の土地を活用する場合には、以下のようなメリットがあると考えられています。

  • 市場ではあまり高く評価されないため、固定資産税などの評価額も低く抑えられる。
  • 個性的なデザインの建物を建設することが可能。
  • 土地の形状によっては、接道距離が長い、隣家との距離が離れているなどのメリットも。

いかがでしょうか?「台形の土地だから」というだけで放置してしまうのは、もったいないという気がしますね。

こんなにある!台形の土地の活用法

以下に台形の土地の活用法を紹介しますので、ぜひ内容をチェックして下さい。

賃貸住宅経営

アパート、マンションを建設し、運営していくのが賃貸住宅経営。台形の土地でも、建設は不可能ではありません。変形地への建設や経営に専門性を持つ会社へ、相談すると良いでしょう。

駐車場やトランクルーム経営

台形の土地でも駐車場やトランクルームを経営できます。

駐車場は土地の表面を整備すれば、すぐに経営を開始できるため、初期費用を安く上げられます。この方法なら、建物の設計デザインに頭を悩ませる必要もありません。

またコンテナ型のトランクルームは、土地の形状を活かしながらの設置が可能。ただし地方部で、周囲に納戸などがきちんと設置されている家屋が多いエリアの場合、需要があるかどうかをよく調べることが大切です。

同時に自動販売機やコインロッカー、そして広告看板の設置なども行えますよ。

ソーラー経営

太陽光発電パネルを設置し、電気を売電するという土地活用法。一度設定された売電価格は、20年間固定されますので、安定した高利回りが狙える投資法です。

ただし、ソーラーパネルの購入や設置にかかる初期費用は高めです。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

Copyright (C) 台形の土地活用法を考える All Rights Reserved.

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較