開く
閉じる
アパート経営で土地活用/東京で選ぶべき会社を比較 » アパート経営に向いている土地は「こんな土地」

アパート経営に向いている土地は「こんな土地」

「土地活用としてアパート経営をしたいと考えているけれど、自分が持っている土地でアパートの需要はどのくらいあるのだろうか…?」と不安になりますよね。

ここでは、アパート経営に向いている土地はどんな土地なのか、どういった点に注目したら良いのかをまとめています。

エリア全体の賃料が高い土地

エリアの賃料相場が高いと、アパート経営は成功しやすいです。賃料相場とはその土地や土地の周辺にある賃貸物件の家賃相場のこと。賃料相場が高いということは、「賃料が高くても住みたい」というニーズがあると考えられます。そのため、新しいアパートを建てても、空き室が埋まらなくて困るといったケースは起こりにくいでしょう。

逆に賃料が総合的に安く設定されている場合は、「よっぽど安くなければ住むメリットはない」と考えられている地域です。アパート経営も選択肢に入れつつ、他の土地活用方法を検討しても良いかもしれません。

地価が高い土地

地価が高いということは、固定資産税・相続税もそのぶん高く取れてしまいます。アパート経営は税金対策のために行うという人も多いくらい大幅な節税を行える土地活用方法です。固定資産税は最大6分の1に、相続税は2割引きになるため、無駄に税金を支払う必要がありません。税金として国に資産を納めることもなく、アパート経営が軌道に乗れば不労所得を得て、悠々自適な生活を送れるでしょう。

住環境の整っている土地

当たり前かもしれませんが、住環境の整っているエリアは人気が高いです。駅から近い、夜は静かで過ごしやすい、スーパーやコンビニなど生活用品が揃うお店が近くにある。住みやすい環境が整っていれば、ある程度の所得を持っている人であれば、高い賃料でも払ってくれます。

住環境が整っているのであれば、アパート経営を検討する価値はあるでしょう。

自宅近くにある土地

土地活用したい土地が自宅近くにあるということは、アパート管理を管理会社へ依頼せずとも自分達で管理していけます。そのぶん管理依頼費が浮きますし、より丁寧に住民の生活をサポートできるでしょう。

こんな土地でも大丈夫!変形地でのアパート経営

上記に当てはまるけれど、土地の形がいわゆる「変形地」なので、アパートを建てるのが難しいと考えている人もいるのではないでしょうか?

確かに、四角い形をしている土地の方が一般的に工事をしやすくアパートを建てやすいですが、変形地でも対応できる不動産会社や施工会社がいるため、大きく心配する必要はありません。建築技術の向上・変化により、「旗竿地」「狭小地」「高低差のある土地」「傾斜地」など、土地の特徴に合わせて施工できる業者が増えているのです。

「変形地で困っている」「どのように土地を活かしたらいいのかがわからない」と言う方は、下記ページも参考にしてみてください。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • プラン豊富であなたに合った
    提案が可能
    大東建託
    引用文:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • 全国実績No1の
    ハウスメーカー
    積水ハウス
    引用文:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス
  • デザイン性の高い物件を
    手掛ける
    朝日建設
    引用文:朝日建設公式サイト
    http://www.asahi21.co.jp/
    朝日建設

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較