開く
閉じる

【土地活用比較】アパートVSプレハブ建築

このページでは、土地活用の観点からアパート経営とプレハブ建築を比較しています。それぞれの違いやメリット・デメリットを解説していますので、ぜひこちらのページを参考に、最適な運用方法を検討してみてください。

初期費用を抑えたいならプレハブ建築、賃貸需要がありそうならアパート経営がおすすめ!

土地活用の方法として、アパート経営を考えている方は多いでしょう。ただ、どうしてもある程度まとまった資金を初期投資する必要があるため、なかなか決断に踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし、初期費用をあまりかけずに土地活用をしたいということであれば、プレハブを建築し、それを使ったビジネス展開というののも方法の一つです。プレハブのメリットを踏まえた上で、賃貸需要があるかどうかも見定め、入居者が見込めそうならアパート経営、そうでないならプレハブを建てるなど、いろいろな視点から考えをまとめていくといいでしょう。

プレハブ建築とは?

プレハブとは、建物の一部、あるいはすべての部材をあらかじめ工場で生産して運び、現場でそれらを組み合わせて組み立てていく工法や、そのやり方でできた建物のことを指します。工事現場などにあるものをご覧になったことのある方は多いのではないでしょうか。

プレハブについて「安物」「安普請」というイメージをお持ちの方は多いかもしれませんが、現在では値段の安さはそのままに、安全性などは飛躍的に向上しています。大手ハウスメーカーが手掛ける住宅・商業施設・公共の施設などでも用いられる、一般的な工法のひとつです。

なお、2014年にはプレハブ工法で着工された住宅の戸数は約14万戸、全住宅着工数の15パーセントを超えると言われるほどとなっています。

プレハブ建築のメリット

プレハブ建築には、一般の建築工法とは違う、さまざまなメリットがあります。しっかりと把握しておけば、検討材料の一つになるでしょう。

高品質で安定した建築物が建てられる

プレハブ建築のメリットに、品質が高い水準で安定することが挙げられます。これは、工場で部材が大量生産されるために一定の品質が保たれること、また職人の腕などによって仕上がりが左右されるということが少なくなるからです。また、組み立て式で建物を作っていくので、工期が短くて済みますし、仮に解体するとなっても、一般の建築物よりは遥かに容易に行えます。短いスパンでの運用を考えているなら、プレハブは有力な選択肢となるでしょう。

安価での建築ができる

工期が短いということは、そこにかかる人件費も圧縮でき、コストをかけずに建築できるということになります。また、部材を一括購入することで、ディスカウントすることも可能です。高品質・低価格を実現できるというのは、さまざまなイレギュラーが生じる土地活用においては、非常に有益なメリットだと言えるでしょう。また、修繕なども比較的しやすいので、長期運用を見据えた際の対応についても、ある程度安心して行っていけます。

プレハブ建築のデメリット

自由度に難あり

プレハブ工法の建築物は、部材がある程度規格化されているため、デザインの自由度については普通の建築物よりもやや低くなります

ある程度統一された建築物を建てるのであればいいのですが、オリジナリティーが求められるような建築物にしたい場合には、やや不向きだと言えるでしょう。また、増改築が難しいという側面もあるので、物件を大きくしていくということを考えていく場合には事前のプランニングについてはしっかりと行っていくべきです。

価格交渉がしにくい

プレハブ工法の建築物は、大量生産によってある程度安価になってはいるのですが、そこからの価格交渉が難しいという側面があります。部材は耐久性・耐火性などを高めるために、各メーカーの企業努力によって、さまざまな工夫がされています。すでに価格に関しては「勉強済み」ということなので、コストダウンの交渉を前提にしているのであれば、その考えは一度リセットした方がいいでしょう。もちろん、極端に安価な部材を使うこともできますが、そうなると耐久性や快適性が犠牲になってしまうので、注意が必要です。

プレハブ建築の利用方法について

プレハブ建築によって建てられた建物には、さまざまな用途が考えられます。用途別に紹介していくので、ある程度イメージを膨らませておくといいでしょう。また、もし引き合いがあるのであれば、そこでの利用が可能かも検討してみてください。

1.工場や倉庫

プレハブ建築の建物であれば、設計通りの強度と耐久性が実現できるので、大きな空間が必要な工場・倉庫などに利用しやすくなっています。工場によっては高い気密性・防音性・断熱性などが要求されるところもありますが、プレハブ建築であれば、そうしたニーズにも応えられます。

2.商業施設

近年では、飲食店や大型商業施設などでも、プレハブ建築のところが増えています。短い工期でお店が完成するというのは、すぐにでも営業を始めたいテナントにとってはありがたいものです。また契約満了後に解体をするというときも用意だという点は、貸し主にとっても次の準備を早く進められるという大きなメリットがあります。

3.事務所

プレハブを事務所として利用しているところも数多くあります。最低限の耐久性・快適性は保ちつつ、必要最低限の設備のみに留めることで、コストダウンの面でも有効になります。また、プレハブには解体した部材を使って再度別の場所で組み立て直す、ということもできるため、同じ事務所を移転していくようなところでもメリットがあります。

4.公共施設

最近では、公民館や医療施設、保育園、福祉施設などにプレハブ建築を取り入れるところも多くなっています。確かな強度が確保でき、耐震性にも優れているので、大人数が集まる場所には最適です。また、貸し主サイドとしては、こうした施設は数十年単位で運用されていくため、安定して収入を得ていくという意味では非常に大きなメリットがあります。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選
  • 自由度の高い設計を
    低コストで実現
    ハステック
    引用元:ハステック公式サイト
    http://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/
    ハステック
  • 多彩なプラン
    希望に沿った提案を
    大東建託
    引用元:大東建託公式サイト
    http://www.kentaku.co.jp/estate/
    大東建託
  • CMでもおなじみ
    全国的な知名度も高い
    積水ハウス
    引用元:積水ハウス公式サイト
    http://shm-keiei.com/
    積水ハウス

土地活用でアパート経営を始めるなら!東京で検討すべき3社を比較