開く
閉じる
 

沖縄県

こちらのページでは、沖縄県内でアパート経営を検討している方向けに、県内の不動産に関する情報、沖縄特有の事情などを紹介しています。ぜひ、検討材料の一つにしていただければと思います。

沖縄県の概要

沖縄県は本州の人たちにとっては、定番のリゾート地として人気です。ただ、沖縄県でも中心部は高層マンションや大型商業施設が建ち並び、非常に栄えています。また、2015年の国勢調査によると、沖縄県の人口増加率は全国1位となっています。

高い人口密度は土地活用に有利

沖縄県は、日本の中でも特に人口密度が高いエリアです。人口が増え、人口密度も多いということは、それだけ集合住宅のニーズが高いと言えます。アパート経営などの土地活用を行っていくには非常に魅力的な立地と言えます。実際にどんなところに人が集まっているかなどは、事前にチェックしておいてもいいかもしれません。

地価上昇率は全国トップ

人口が増え続けている沖縄県は、地価の上昇率も全国トップ。なかでも那覇市は20パーセント近い上昇率を記録するなど、地価が急騰を続けています。

沖縄県でのアパート経営は、他の地域と比べてもイニシャルコスト、ランニングコストが大きくかかってきそう。それだけに、事前のリサーチや経営計画については慎重に行っていく必要があるでしょう。

台風対策は必須

ニュースでご覧になられている方も多いと思いますが、沖縄県は毎年、強力な台風の脅威にさらされています。

そうした場所で建物を建てるのであれば、高い強度を誇る鉄筋コンクリート造にするのが必須です。その分建築コストはかかりますが、後の修繕費などを抑えられますし、法定耐用年数が47年と長く、その期間にわたって税制面での優遇を得られます。沖縄県で長期のアパート経営を考えるなら、鉄筋コンクリート造は間違いなくおすすめと言えます。

沖縄県でアパート経営を行なうには

本州と離れた沖縄は、本州とは違った独特の事情が多数あります。ここで挙げた以外にも、土壌の質などもそうですし、米軍基地の兼ね合いなども考えられます。さまざまな背景を考慮することは、沖縄でのアパート経営を成功させるのに必須の条件と言えるでしょう。

ただ、沖縄県外の人であれば、詳細までを細かく把握することは難しいかと思います。県内の建築業者とコンタクトを取って有益な情報を集めていけば、建物づくりから運用に至るまで、スムーズに進めていくことができるのではないでしょうか。

沖縄県の「変形地」事情

日本列島の西南部に位置する沖縄県は、日本屈指の観光地にして島国の中の島国という印象が濃厚です。総面積こそ2,273.41㎢で全国第44位に留まりますが、海域となると東西にわたって1,000kmにも及び、その中に沖縄諸島をはじめ、先島諸島、大東諸島など大小の島々が群雄しています。

地形のタイプはエリアによってシンプルに2つに分けられるでしょう。沖縄本島の北部、石垣島、西表島、与那国島は「古生層からなる急峻な山地型の地形」、沖縄本島の南部、宮古島、南北大東島は「隆起サンゴ礁」「第三系からなる平坦、なだらかな丘陵地」です。

突出した変形地は分かりませんが、施工会社や設計事務所の事例を見ると、狭小地や傾斜地が散見されます。

では、沖縄の変形地を売却・活用する方法をチェックしてみましょう。

「変形地」の売却方法

沖縄の変形地を売却する方法には、以下のようなものがあります。

不動産会社に仲介してもらう

変形地の買い手を見つけるのは容易ではありませんが、不動産会社に仲介を依頼すれば売却できる可能性があります。なぜなら、不動産会社は素人では思いつかないアイデアや、買い手を見つけるための情報ネットワークを持っているからです。

市場で売却すると査定価格は低くなりがちですが、それでもスピーディーに売りたい場合や、個人で買い手が見つけられないときは、不動産会社の情報力や仲介力が役に立ちます。

沖縄にも複数の不動産会社がありますので、一社ずつではなく、複数の会社にまとめて査定依頼を申し込んでみましょう。

買取業者に買取を依頼する

不動産会社とは別に、買取業者に変形地の買取を依頼する方法もあります。ここでいう買取業者とは、不動産業を営んでいる会社も含めて、変形地の買取を専門的に行っている業者という意味です。

それら専門業者は、狭小地や三角地、旗竿地、台形、長方形、傾斜地など、一般的には敬遠されがちな不整形地を専ら取り扱っており、独自の販売ルートやノウハウを持っています。

そして価格は落ちるものの、通常の不動産会社に比べて変形地を売却しやすくなるので、こちらもぜひ選択肢の一つとして検討してみましょう。

「変形地」の活用方法

次に、沖縄での変形地の活用方法を紹介しますのでチェックしてみてください。

トランクルームビジネスをはじめる

初期費用の負担が比較的少なく、初心者でも参入しやすい土地活用方法なら、トランクルームビジネスがあります。トランクルームビジネスとは、コンテナなどの貸倉庫を人に貸して、使用料を得る運用方法のことです。

田舎では難しいと言われますが、都市部では収納庫に対する需要が多く、立地条件とニーズ次第で安定経営・安定収入が得られる可能性があります。

トランクルーム経営は土地形状に関係なく始められるビジネスなので、変形地の活用方法としてぜひ検討しておきたいところです。

狭小アパートを建てて活用する

狭い土地の活用方法に困っている場合は、思い切ってアパートを建てて活用してみるのはいかがでしょうか。

アパートを建てるには広い土地が必要だと考えるかもしれませんが、建築技術が進んだ昨今では、20坪程度の狭小地に建てられた、いわゆる‟狭小アパート”がたくさん存在します。

一戸の間取りは小さくなりますが、単身者をターゲットに、1室を15~18㎡、総戸数6戸前後にすれば、20坪程度の狭小地でも立派なアパートが建つのです。

リスクは建物の建築費用と入居者の確保ですが、その条件をクリアできれば、安定経営が可能になり継続収入が得られますし、所得税・相続税・固定資産税など、税金対策もできます。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

九州・沖縄でアパート経営をお考えの方へ
大分県
鹿児島県
佐賀県
宮崎県
長崎県