開く
閉じる
 

土地を相続したときに知っておきたいポイント

このページでは、土地を相続する方に向けての情報をまとめてあります。相続税に関することや、両親の所有している土地を引き継ぐ場合、遺産相続の際に問題になりがちな、土地相続にまつわるトラブルのことなど、さまざまな内容を取り上げていますので、近いうちに相続が控えているという方は、ぜひご覧ください。

2019年の相続法改定が土地活用に与える影響とは?

2019年、相続税法がおよそ40年ぶりに改正されています。これによって、配偶者の居住権をはじめ、遺産分割の見直し、遺言の見直し、遺留分制度の見直し、介護人から相続人への金銭請求など、さまざまな点に変化が生じました。

いずれも、古くなっていた法制度や、その中にあった問題点などを抜本的に見直し、できる限り現在の社会情勢、相続の形などに合うように修正したものです。

これから相続を控えているのであれば、そこで基本の考え方となる法律については、しっかりと把握しておいた方がいいでしょう。

そして、明確にできる点を洗い出し、はっきりとさせておくことで、相続にまつわるトラブルの発生は、最大限回避できるようになるはずです。

親の土地を相続するために知っておきたいこと

親の土地を相続する方法としては、親が存命のうちに引き継ぐ「生前贈与」と、亡くなってしまってから相続する「相続登記」の2パターンがあります。ただ、多くの場合として、相続が実際の問題として認識しないまま親が亡くなり、いざ相続のタイミングになって慌ててしまう、ということは多いでしょう。また、その中で必要以上に税金を支払わなくてはいけなくなるなどして、財産を失うケースも考えられます。

生きている内から相続の話をするのはあまり気持ちの良いものではないかもしれませんが、親族間のトラブルを防ぐためには、しておいて損はありません。前もって準備を進めておくことで、トラブルのないように対応をしておきたいところです。

土地相続で揉めないために

土地というものは、大きな価値を持つもの。それを相続するとなった際に、親族間でトラブルになってしまうということは、残念ながら非常に多くのケースがあります。ただ、前もって相続に関してのポイントを明らかにしておけば、各自の思いはあるにせよ、大きなトラブルというのは置きにくくなります。

具体的には、相続の際には「相続順位」というものが決まっていますので、それに基づいて分配を行っていく形になります。そこで、相続内容について明確にし、話し合いで相続内容をはっきりと見えるようにしておくことが大事でしょう。また、場合によっては疎遠な間柄の親族とのやりとりが生じることもあります。その際は、必要以上に恐れず、誠意を持って接するようにしましょう。特に、相手の立場に立って話すことが大切です。

両親とは前もって話し合っておくこと

土地の相続が決まっているのであれば、可能であれば親が健在の内にしっかりと話し合っておきたいところです。亡くなってからでは遅いですし、認知症などになってしまえば、話し合いも難しくなります。

また、親の持っていた土地を残された親族間で共有するのは、その後の運用などについて双方の合意が必要となり、そこからトラブルが生じる可能性もあります。事前に土地を別々に分けて譲る、あるいは売却して金銭を分配するなど、やり方はさまざまですので、全員が納得できる方法をしっかりと話しておくようにしましょう。

土地活用としてアパート経営を
始めるなら
東京でおすすめの会社
3選

※公式サイトで入居率を公開している会社の中から入居率が高い3社を紹介
【各社の入居率について】
・ハステック:100% ※3か月以上の空きがないという条件下のもと|2020年7月時点。
https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/
・MDI:99.5% ※2020年3月末時点
https://www.mdi.co.jp/results/index.html
・東建コーポレーション:98.6% ※2020年4月時点
https://www.token.co.jp/ir/performance/outline/
※1.2020年7月時点の実績|情報参照元:ハステック(https://www.hastec.jp/apart_keiei_lp/js01/

関連ページ

アパート経営で土地活用!東京で選ぶべき会社を比較

今後の不動産業界を考えるコラム
2022年問題を紐解く
~土地価格は暴落するのか~
原野商法とは?
団塊が後期高齢者になる「2025年問題」が不動産市場に与える影響
2019年の相続法改定で不動産・土地活用はどう変わるのか
土地相続の基礎知識